どうも、2代目です。

 

GWに行ったところでパシャリ。

 

 

東京で吊り編機が稼動し生地を編んでいる所を見る事ができる場所。

 

 

世田谷ものづくり学校の和田メリヤス衢

 

ここで吊り編機が稼動し生地をユックリ編んでいます。

 

何度も伺い、その都度、じーっと見つめています・・・

 

伺った日は動いておりませんでしたが社員さんと色んなお話をさせて頂きました。

 

 

  

 

 

色んな角度でパシャパ〜〜シャおじさんになりました!!!!

 

もちろん許可はトッテトッテおりBlogにのせる事も許可頂いております。

 

 

いつみても、何度みても、飽きません!!!!!

 

素敵なお話を聞かせて頂き、改めて和歌山の本社にも伺いたいと思いました。

 

いつも長話になってしまいご迷惑をお掛けしております・・・

 

 

 

今までのブランドを一新してこれからは新たにSwitzul “スイッツル”をスタートしております。

 

ブランド名の由来は職人さんたちが吊り編み機のことを“スイッツル”と呼んでいたことから名付たとの事

 

以前に和田社長が弊社にお越し頂いた際に伺ったお話しを思い出し、ナルホド!!!!っと合点!!!!

 

 

 

また時間を作ってじっくりと編機を見学に行きたいと思いました。

 

 

http://nakamurahousei.tokyo

 

 

どうも、2代目です。

 

本日はSample作製の為、近所の編み立て屋さんに行きました。

編み立てとは生地や横附属を作って頂く方々の総称とでもいいましょうか。

 

生地には大きく分けて

 

織機・・・織物の生地

編機・・・編物の生地

 

大まかこの2種に分かれており、中村縫製では編機で作る生地を使用します。

 

自己紹介で"洋服作ってます!!!"

 

って言うと、『ジーンズ丈つめ希望!!!』『ワイシャツ縫って!!!』『釦を付替えて!!!』などホントに色々と言われますが・・・

 

"編生地の洋服を作ってます!!!"って言っても誰もが"????"みたいな・・・

 

最近は"T-Shirt・Sweatの類 "って初めから言うようにしております。

 

その中でも編生地は大まか"丸編・横編"の2種に分かれ中村縫製では主に"丸編生地"を使用したアイテムを縫製・作製しております。

 

横編はニット類って言うとわかり易いのですが更にそこから大まか2種に分かれております。

 

横編立ニット・・・セーターやカーディガンのアイテム・ホールガーメントもこちらかな??

横編附属・・・ポロシャツの衿・袖口リブ・裾口リブなど

 

ホントに僕達の業界は細分化されすぎており説明するのにとても時間がかかる・・・

それだからこそ繊維業は基幹産業になるのだけれど・・・

 

まあ長くなる事は割愛!!!

 

色々と教えて頂ける有り難い仕入れ先様の社長に許可を得て写真撮りました。

 

 

ちょこまかちょかまか左右に動くかわいいヤツ。

 

紐を編んでます。

 

フセテープとかパーカの紐などに使用する物を編んでくれる古い機械。

 

ホントに可愛らしく動くんです。

 

頑張れ古い機械!!!

 

 

http://nakamurahousei.tokyo

1